omadog-blog

自分が体験したこと、自分の頭で考えたことを書きます

「木に登る能力」で魚を評価してはいけない

すべての人間は天才。

アインシュタインの言葉で、彼は「木に登る能力」で魚を評価してはいけないと説く。

自分が良しとするモノサシだけで他人を評価し、その人の全てを判断してはいけないということだ。
熊坂さんFacebookのフィードから流れてきて初めてこの言葉を知った。

いろいろな職種の人と接することは多いので、この言葉は実感をもって伝わってくる。
広報、営業、経営者、プログラマー、エンジニア、編集者、それぞれに求められるスキルは違うし、
お互いに重要だと思っているスキルは一致しないところもあり、一体この人たちは何を考えているのか、
なんでそんな所をいちいち気にするのか、と皆それぞれに理解しがたい部分があることを自分は知っている。

これは自分以外の他人もそうで、自分だっておそらくこう思われている事が多々あるのだろう。
「なんでコイツはこんな大事なことに注意を払わないんだ。どこに目をつけているんだ。」
「なんでコイツはこんなどうでもいい事に神経とがらせるんだ。屁理屈ばかり並べやがって」

自分のモノサシで世界を見るということは、それによって見えなくなる部分があることだ。
そしてその事を受け入れて、広い世界の端っこで人生を送ることを自覚しないといけない。

そういうわけで他人の一面だけを見て、どうのこうのと値踏みすることはできやしない。

アインシュタインほどの天才が言うと、言い訳っぽくなくて良い。

僕がこんなこと呟いても言い訳としか思われないだろう。

願わくば合コンの場で評価される才能が欲しい。