omadog-blog

自分が体験したこと、自分の頭で考えたことを書きます

フィリピン留学体験記 Vol.1 〜お前は何をしていたんだ編〜

8月から9月中旬までの5週間、フィリピンはセブ島に留学して英語をみっちり学んできました。
私が利用した学校はラングリッチ・カレッジです。オンライン英会話サービスも提供してます。
卒業スピーチのエントリーにあるように、語学だけではなく、素晴らしい友人を得られた貴重な体験でした。
その内容をフィリピン留学体験記として記録しておきます。

フィリピン留学の概要を知りたい方は以下のサイトや書籍を参照ください。
1)フィリピン留学ドットコム  色々な学校の情報が見れます。雰囲気をつかむのに役立ちます。
2)フィリピン・セブ基本情報  フィリピンの歴史や気候、生活事情などの概要を紹介
3)現代フィリピンを知るための61章【第2版】 (エリア・スタディーズ) フィリピンの知識を深めたい時におススメ


なぜフィリピン留学したのか

英語はもともと得意でTOEICスコアは840点、仕事でも少し使っていましたが伸び悩みを感じていました。
これまで自主的に行っていた学習の総仕上げとしてみっちり英語漬けの日々を送ってみたかったのです。
また通訳やガイド旅行ガイドみたいに日本の事を英語で紹介するということを始めたいと思っていたので、
そうしたシーンを想定してフィリピン人と一緒に勉強していくのはとても面白いだろうと思いました。
あとは何と言っても"Would of English"の膨大な知識や情報を自分が追体験できるようになることで
広大な海に飛び出せる力を得たいという強い想いがありました。言葉とは他者の経験や
知恵を自分が追体験するために必要な手段でありますから。


私の留学生活の概要

留学期間は2012年8月〜9月の約5週間でした。場所はセブ島マンダウエ市にあるラングリッチ・カレッジの寮。
教室と宿舎が同じ敷地内にあります。プールで泳ぐことも可能。
...敷地をうろつく猫がかわいかったです。

授業は1日6コマの計8時間、1コマずつ一人の先生がつき、計6人の先生が担当します。朝は8時スタート、
1時間のランチ休憩を挟んで午後は17時終了です。土日祝は休校。なお1日4コマの6時間コースもあります。
食事は1日3食提供されます。たまに日本人の口に合わない料理もありますが、御飯を
作ってもらえるのは本当にありがたい。注意すべきは水。水道水を口にすると確実に
腹を壊して3日は寝込むことになるそうです。飲み物はペットボトルやウォーター
サーバーのもの以外は飲まないようにしていましたが、それでも時々体調を崩して
腹痛に悩まされる日がありました。日本の水道のクオリティは奇跡ですね!


英語で何を勉強していたのか

ここからは私が滞在中にどのように学習していたのか詳細に説明します。
1)教材について
日本で事前に準備しておいた英語書籍やTEDの動画やスクリプトを持っていきました。
TEDは気に入った題材のものを6つほどピックアップしておきました。
英語書籍に関しては日本のことを紹介するようにしたかったので、それに関連した
次のような本を用意しました。


2)レッスンの進め方
重視したのはインプットとアウトプットのサイクルを可能な限り多く回すことです。
具体的には自分がまずスクリプトを音読し、英語でサマリーを説明、その中で重要な
用語の定義などを確認します。自分で英英辞典を作っていくようなイメージです。
最後にフィリピン人の先生と意見交換を行います。私の場合、発音の矯正もその中で
済ませるようにしていました。インプットした内容をすぐにアウトプットする、
しかも脳内では日本語を仲介させず英語で思考しないと会話についていけません。
まさに"brain draining"な体験です。漫然とインプットをしているだけでは実に
理解が浅いものです。自分の言葉で説明できて始めて理解したことになる、この水準を
目指して着実にレッスンを進めていけるのがマンツーマン形式のメリットです。
カリキュラムの内容を生徒がコントロールできるので、勉強したいことをトコトンやれるのが
マンツーマン形式の醍醐味であることはここで強調しておきたい点です。



3)予習復習がレッスンの質を左右する
一日が終わるとビールで一杯やりたくなりますが、予習復習のために夜も黙々と自習します。
1日に3~4時間は自習に充てます。もちろん外に食事に出かけたり、体調が優れない日もあるので
毎日というわけにはいきませんでしたが、事前にスクリプトを読み、知らない単語を調べて
さらに200wordsの英作文に取り組むとこれくらいの時間は要するものです。土日もどちらかは
約8時間を勉強に充てるようにしていました。海に出かける時もありましたが必ずこのボリュームは
確保することは自分の中のルールとして定めて守っていました。(写真は5週間の学習の痕跡)


どうしてこういう事をするかというと、マンツーマンはインプットに向かない環境だからです。
だからボギャブラリーや表現力を高めるには自分で地道にインプットしていく事前準備が必要なのです。
レッスンはそれをベースにアウトプットするための環境です。対話を通じてインプットしたことを
定着させ、かつ新しい気づきや知恵を育むのが本質なのです。おそらくこれは日本国内で我々が体験してきた
従来の教育とは全く異なる性質のものだと思いますが、フィリピン人のエリート層とマンツーマンで
ぶつかり合うという体験は本当にエキサイティングですよ。以上です。

[2013/12/13 追記]
2013年12月現在では、フィリピンにおける日本人向けのESLスクールもかなり
増加してきたようですが、騒音で集中しづらかったり、勉強にあまり熱心でない生徒も
いたりと、環境的にはよろしくない場所もいくつかあるようです。海の向こうの外国での
滞在であり、なかなかリアルな情報はネットでは手に入りにくいとおもいます。
そんな中、私個人がおススメするとしたら断然サウスピークです。ここはガチです。
私はそこでの留学は未経験ですが、生徒さん達が1日平均11時間勉強してTOEICスコアを
300点以上伸ばした等、かなり真剣、かつ成果を出している留学体験記が発信されている
からです。



■フィリピン語学留学体験記についてはコチラをどうぞ。
フィリピン留学体験記 Vol.1 〜お前は何をしていたんだ編〜
フィリピン留学体験記 Vol.2 〜常夏のセブ島ライフ回想録〜
フィリピン留学体験記 Vol.3 〜レッスンで役立つ電子辞書〜