omadog-blog

自分が体験したこと、自分の頭で考えたことを書きます

他国の人とかけがえのない時間を共有できる。それはとても幸せなこと。[フィリピン留学体験記]

私がフィリピン留学で得たかったもの

私は2012年8〜9月までフィリピン留学に行きました。

動機については以下の記事でも触れています。

フィリピン留学のマンツーマンレッスンを最大限に活用するために実践したこと - omadog-blog

しかし、自分が最も求めていたのは外国の人とかけがえのない時間を共有すること、

ともに学び、理解を深めていくにふさわしい相手と刺激を与えあうことがしたかった

からではないかと思います。この得難い経験のために「英語で」コミュニケーション

を深める体験がしたかったのです。

 

そしてマンツーマンレッスンで1日8時間、日本語の通じない環境で学習できるフィリ

ピン留学は まさに精神と時の部屋のようで、短期間で密度の濃い経験を得るには最適

だと思いました。

アメリカなど英語圏の国にある英会話学校は多くがグループレッスンや講義形式で、

お互いに 濃密なコミュニケーションを取れる可能性が相対的に低いです。

私は英語圏の国で留学を経験した ことはないのですが、極端な場合は周りは自分と

同じ日本人ばかりなんていうケースもあるよう ですし、私の目的とは合わない気が

しました。   また、アメリカなどの英会話学校に通っていた人にどれくらい話せる

ようになったのか尋ねると 一様に「いやぁ・・・」と合間な回答が多かった事も、

それらを敬遠した理由の1つでした。  

 

学生時代、国際ビジネスコンテストの企画に関わり、英語で他国の学生と共に企画を

作り上げる 喜び・嬉しさを体験しました。国の違いはあれど一生懸命切磋琢磨して

いる学生との交流は今も その鮮明さを失ってはいません。   国や文化の違いを超え、

共に学び合い強い絆を作り上げる。そういうまたとない経験のために 外国語、とくに

英語を学びたい。それが最も根源的な理由であろうと思います。試験や昇進の ために

勉強が必要なのはもちろんですが、豊かにしてくれる機会を与えてくれるものです。

 

これから語学留学を考えている人には、単に試験や昇進のためではなくもっと深い所

にモチベーションの源泉を見出していただければ、きっと素晴らしい体験ができる

と思います。